MLSの英語劇で英語力アップ:自己表現力、コミュニケーション力アップなら英語劇。生きた英語、実践的な英語が身につきます。

講師紹介

講師・ディレクターを紹介します!!

九谷 眞世

講師写真

プロフィール

これまでにMLSのビッグ・プロダクションで「オリバー!」「赤毛のアン」「トム・ソーヤの冒険」等数々の有名ミュージカルの演出をしてきたベテラン・ディレクターです。 「不思議の国のアリス」「魔笛」「クリスマス・キャロル」等MLSオリジナル作品も手掛けました。ミニ・プロダクションのディレクター達への指導も行っています。指導力のみならず、キャストからアイディアを引き出しつつパフォーマンスに持って行く手腕はマジックです!

メッセージ

毎年、あの瞬間に涙が溢れます

MLSの英語劇を通して、私自身が人とコミュニケーションする大切さを学びました。ただ台詞を覚えて言うだけでなく人に伝えるように言う。そして人の言葉に耳を傾ける。学校でも社会においても、人とつき合って行くうえでとても大切なことを学びました。そして皆で1つの事を作り上げる喜びと達成感を得ました。公演後にカーテンが降りる時のキャスト達のあの喜びに満ちた顔!毎年、あの瞬間に涙が溢れます。

ページトップへ

嶋田 香織

講師写真

プロフィール

数々のミニ・プロダクションの演出を手掛けてきたベテラン・ディレクターです。ステキな笑顔と丁寧なケアで、お子さんの表現力を上手に引き出してくれます!!持ち前のリーダーシップで、元気いっぱい子供たちをリードして行きます!!

メッセージ

公演日には言葉にできないくらいの感動を味わえる

ミニ・プロダクションでは集まったメンバーで協力して、時間をかけて一つの劇を作り上げていきます。決まった形式の英語劇に併せるのではなく、一人一人の良いところや特徴を見極めた上でそれぞれの子に合った配役を決めていきます。それぞれが劇中で活躍する見せ場を工夫して作りながら、最終的にこのメンバーならではという英語劇が出来上がります。それはとても創造的な作業であり、出来上がった劇は舞台に立つメンバーはもちろん、保護者やお友達など多くの人の感動を呼びます。

年齢も性格も様々なメンバーが集まって、ひとつの目標に向かいながら劇を作っていく過程は決して簡単ではありませんが、英語が上達するだけでなく、人の意見を聞くこと、仲間と協力すること、そしていかに自分の言いたいことを表現するかなど身をもって学び、最後の公演を迎えるころにはかけがえのない経験をしたと誰もが思います。このような場でディレクターとして皆さんをリードし、成長を見守っていけることは私にとってこの上ない喜びです。

公演日には言葉にできないくらいの感動を味わえるので、毎年参加するメンバーが多いのでしょう。1年間のミニ・プロダクションでは、他の何にも代えがたい最高の経験ができることを約束します。一人でも多くの皆さんと同じ思いを分け合えたら、心から嬉しく思います。ぜひミニ・プロダクションにご参加ください。

ページトップへ

ますだ 美季

講師写真

プロフィール

1975年11月4日米国NY州生まれ。小学校、中学校は日本、その他は全て米国で教育を受ける。曽祖父が東京帝国劇場の脚本家(益田太郎冠者)、母は東京二期会のオペラ歌手。2001年にリトルステップ企画を立ち上げ、数々のオリジナルミュージカルを公演。構成・演出家としてショーのプロデュースを手掛ける等幅広い方面に才能を発揮する。

メッセージ

心と心でコミュニケーションする

子供が好きです。お芝居が好きです。歌が好きです。ダンスが好きです。英語が好きです。
きっといろいろな思いがあって、英語でミュージカルを作るというお仕事についた人が多いと思います。上記がほとんどの理由だと思いますが、私は…

友達がほしい。
これが理由でした。

普段では理解し合えないような気難しい人でも、言葉が通じあわない人でも、ミュージカルやお芝居を通すと、一緒に泣いたり笑ったり気持ちを通わせることができます。

決して自分は一人ではない。強い気持ちを持った素敵な大人になりたい。みんなにもなってほしい。英語を利用して、心と心でコミュニケーションをする、それがプロダクションのミュージカル教育だと思っています。

一人でも多くの方と触れ合って、心の強い世界にいるまだあったことのない友人とコミュニケーションできる、そんな方々の成長をお手伝いできたらと思います。

ページトップへ

ページトップへ