MLSの英語劇で英語力アップ:自己表現力、コミュニケーション力アップなら英語劇。生きた英語、実践的な英語が身につきます。

Production BLOG ~リハーサルを覗いてみよう!~

2010年10月の記事一覧

「夏の夜の夢」惚れ薬

妖精王Oberonは、女王Titaniaの可愛がっているpage boy(お小姓)=Indian Boyの取り合いでケンカになり、Titaniaにこっぴどく拒絶された腹いせにTitaniaにlove juice(惚れ薬)を塗ります。そしてTitaniaは、妖精Puckのいたずらでロバ頭にされた町の職人Bottomに恋します。

それからOberonは、妖精たちの森に迷いこんで来た恋人達、かつての恋人のDemetriusに邪険にされ傷ついているHelenaに同情し、Demetriusに惚れ薬を塗るようPuckに言いつけますが、Puckは勘違いして、うまくいっているカップル、Hermiaの恋人Lysanderに惚れ薬を塗ってしまいます。

ドタバタ喜劇の始まりです。

OberonはTitaniと仲直りするために、そして恋人達をもとのさやに収めるために、惚れ薬の魔力を解くハーブを塗ります。

 

惚れ薬となる花、台本の中にlove-in-idlenessという花の名前が出てきます。サンシキスミレ、wild pansyとも言います。love-in-idleness「怠惰な愛」、なんともはや、いかにも媚薬っぽい名前の花ですね。

そして惚れ薬の魔力を解くハーブはdiane’s bud(ダイアンのつぼみ)と言います。ダイアン(ダイアナ)はローマ神話で月の女神、処女性と狩りの守護神、ギリシャ神話のArtemis(アルテミス)、男勝りの女神です。いかにも恋の魔力をはねつけそうな名前のハーブ。

難しい英単語がいっぱいでてきますが、こんな予備知識があると、少し楽しめるでしょうか。見に来て下さる方、OberonやPuckの台詞から、love-in-idlenessとかdiane’s budとか聞きとってみてください。

惚れ薬、皆一度は「使ってみたいな~」と思ったことがおありでしょうが、トラブルのもとです。そんな物に頼らずに恋をしましょう。もし恋に破れたら、妖精にいたずらされたんだと思ってすぐさま立ち直りましょう。Big Pro 2010 007Big Pro 2010 012

2010年10月28日 木曜日 カテゴリー:ビッグ・プロダクション

「夏の夜の夢」恋人たち

「夏の夜の夢」はコメディ、そしてファンタジー、そしてロマンス物。

お話の中に沢山のカップルが登場します。

若いカップルLysanderとHermia、DemetriusとHelena、

妖精王Oberonと女王Titaniam、

Athens(アテナ)の公爵Theseusとアマゾンの女王Hippolyta。

若い二組のカップルは中高校生、熟年カップルは大学生や大人キャストが演じています。

実は恋愛物は苦手でしたが、今回、楽しみながら演出しています。いろいろすったもんだはありますが、最後はオールハッピーエンドだし。

そういえば昔はよく恋愛物の映画を見たり小説を読んだりしていたんですが、最近とんとご無沙汰でした。

やっぱり、恋って、いいですね。

恋愛は大いなる勘違いだって、どっかの脳科学者が言っていましたが、たとえ勘違いでもドキドキしてキュンとなって、恋が成就すれば至上の幸福感を味わって、勘違い万歳!ですね。

その勘違いの相手がひょっとしたら生涯のパートナーに成りえたりするんですから、恋愛は人生の大きな1歩だな、て思います。

「夏の夜の夢」の公演日は12月19日、ちょうどクリスマス・シーズンですな~。全てのカップルに祝福を送りたいです。

Big Pro 2010 022Big Pro 2010 021Big Pro 2010 020Big Pro 2010 023

2010年10月24日 日曜日 カテゴリー:ビッグ・プロダクション

「夏の夜の夢」妖精たち

この前は職人さんがテーマでした。

今日は妖精たちについて。

妖精たちが女王Titaniaを寝かしつけるために歌うLullaby(子守唄)があります。

ソプラノのソロが2パートにコーラスが4声部にも別れていてタイヘン!

でも何とかハモってきました。

歌えてきたらダンスの振り付けです!

前回のリハーサルでChoreographerの膳亀さんに振付をして頂きました。

とっても可愛い(ちょっとブリッ子な)振付です。

妖精王Oberonと女王様Titania、それからいたずら者の妖精Puckは有名なキャラクターですが、他にもいっぱい妖精が出てくるんですよ。

Peaseblossom, Mustardseed, Moth, Cobweb, Mushroom, Dragontail, Willowsilk, Buttermilk楽しそうな名前ばかり。

最初の4人はシェイクスピアの原作にも出てきます。後の4人はオリジナルのキャラクター。

ファンタジーは衣装も楽しみです。衣装さん、楽しみにしています!

私もできることならone of fairiesで舞台に出たいですな~。思いっきり飛びはねたいですな~。

Big Pro 2010 091Big Pro 2010 090

(←踊る妖精たち)

(リハーサルの合間におくつろぎ中のOberonとTitania→)           

                        

2010年10月14日 木曜日 カテゴリー:ビッグ・プロダクション

ページトップへ